ホテル菊乃家様の陣屋コネクト導入効果が中国新聞に紹介されました(2018/3/27)

  • 2018年3月31日
  • 新聞

宿泊客情報ITで共有、ミス防ぎ仕事に余裕

世界遺産の島、宮島(廿日市市)のホテル菊乃家。フロント裏のバックヤードで、菊川泰嗣社長が懐かしむ。「ここでよく従業員が怒鳴りあっていましたよ。『いった』『聞いていない』と…」。宿泊客の料理の希望など、伝達がうまくできていなかった。そんないざこざを解消したのが、約3年前に導入したクラウド型のITシステムだ。
神奈川県の旅館「陣屋」が開発したシステムで、月数万円程度の費用がかかるが、効果の大きさを実感している。


Topics一覧に戻る