日本経済新聞本紙 社説で紹介されました

  • 2017年5月 8日
  • 新聞

生産性改革(上)サービス業は「脱・安売り」を競え

日本経済新聞本紙 社説で、IT(情報技術)などで、個人が持つ顧客情報を共有して付加価値の高いサービスを実施している例として紹介されました。

老舗旅館の陣屋(神奈川県秦野市)はタブレット端末で女将が蓄積した顧客情報を見られるようにし、きめ細かい接客に生かす。会計なども一元管理するソフトを独自開発した。

続きはこちら≫


Topics一覧に戻る