日経新聞電子版に掲載されました。

  • 2016年3月28日
  • Webメディア

IT駆使し旅館再生、元ホンダ技術者の斬新発想

神奈川県秦野市の鶴巻温泉で、まもなく創業100年を迎える老舗旅館「陣屋」。3万平方メートルを超える敷地内には日本庭園が広がり、囲碁将棋のタイトル戦など数々の名勝負が開かれてきた。その伝統ある旅館にはもう一つの顔がある。

着物の従業員が帯から取り出したのはタブレット端末。パートを含めた約60人がそれぞれパソコンやスマートフォンなどで顧客の食事の好みや来店頻度をチェックする。急な要望も瞬時に共有でき…

陣屋再建につながった代表宮﨑の斬新な発想が 、詳しく紹介されています。


Topics一覧に戻る